2015年03月15日

夏鳥・一番乗り

2015年3月15日(日) 曇

お天気が心配されましたが、雨にもならず
1か月ぶりの保全活動を行いました。
今月も主な作用は枯れたツルヨシやオオブタクサ整理です。

笹の間に入って、オオブタクサを取り除いています。
帽子、手袋、長そで・・・完全防備で臨みます。
150315 ヨシ原の整理 IMG_6572.jpg

枯れヨシ原や水路には新しい芽が出てきました。
これからどんどん伸びていきます。
ここは、夏、ホタルが現れる水路です。
150315 ツルヨシの新芽 IMG_6563.jpg

ヤブカンゾウの芽です。食べごろでしょうか。
150315 ヤブカンゾウの新芽 IMG_6565.jpg

ツルヨシの匍匐茎(ほふくけい)がたくさん見られます。
地表や水面で見られるのはツルヨシの特徴です。
150315 ツルヨシの匍匐茎 IMG_6568.jpg

夏鳥が確認されました。
イワツバメ、ツバメが上空を群れて飛びました。
また、保全エリア前の多摩川にはコチドリも来ました。
3種とも保全エリアでの今季の初認です。
150315 コチドリ IMG_6606.jpg

保全エリアと周辺の鳥です。
保全エリア下流の林にはヒレンジャクが来ました。
150315 ヒレンジャク DSC_4977.jpg

上空にはチョウゲンボウ。
150315 チョウゲンボウ IMG_6689.jpg

そして、昼間ですが、コウモリが飛んできて木に止まりました。
冬眠から覚めたばかりなのでしょうか、木に張り付いたまま動きませんでした。
150315 コウモリ IMG_6671.jpg

今日は、たくさんの動植物の動き出しを感じる一日でした。
次回の羽村保全活動は4月5日(日)です。
春の日差しの中で、一汗かきにいらっしゃいませんか。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。














posted by ペンギンの国 at 23:58| Comment(0) | 日記