2015年09月20日

タカ渡る、空の下で。

2015年9月20日(日) 快晴
 晴天に恵まれた今日、羽村の保全活動は
先日(9月9日)の大雨で濁流の入ったヨシ原を整備しました。
保全エリアのすぐ脇では奥多摩支部の「タカの渡り観察会」
が行われています。サシバやハチクマの様子が気になります。


保全エリア…色の変わっているところが、多摩川本流から濁流が流れ込んだ跡です。
150920 大水の痕 IMG_3858.jpg

池の縁まで泥だらけです。
ツルヨシが泥に埋まってしまいました。
150920 IMG_3784.jpg

ヨシ原内も水の流れた跡がありました。
大きな石も見られます。
150920 IMG_3776.jpg

根本を水で流され、倒れてしまったハリエンジュを
片づけました。
150920 IMG_3774.jpg

池に落ちたら大変。気をつけて!
寝てしまったヨシも整理しました。
150920 水際の作業落ちたら大変 IMG_3782.jpg

そんな中、下の池にはカルガモ。
「大水なんてなんのその」という感じです。
150920 カルガモ IMG_3846.jpg

ご存じ、若芽は刺身のつまになります。
水際には、ヤナギタデが咲いていました。
150920 ヤナギタデ IMG_3852.jpg

日影の休憩所の上に、エナガの群れが来ました。
久しぶりの登場です。夏場の鳥の見難い時季も過ぎたようです。
150920 エナガ IMG_3831.jpg

この日、タカの渡り観察班によると
羽村堰上空を17羽のサシバが南へ渡っていったそうです。

次回の羽村堰下ヨシ原保全活動は、
10月4日(日)です。
ぜひ、保全活動に足をお運びください。
(近くでタカの渡り観察会も行われています。)





posted by ペンギンの国 at 22:12| Comment(0) | 日記

2015年09月06日

少し、暑さも和らいで…。

2015年9月6日(日)
夏休み後、1ヶ月半ぶりの保全活動です。
保全エリアは見事に草だらけです。作業用、調査観察用に小道を復活させました。
午前中、暑さも気にならず作業ができました。

7月には道のあったところにがジャングルの様になっていました。
道の両側にあるオオブタクサを整理しました。大きなものは3.5mにもなっています。
150906 道づくり羽村 800600HH IMG_1702.jpg


作業している頭上に今年生まれのシジュウカラが来ました。
鳥影の少ないときに嬉しい訪問、一息です。
150906 シジュウカラju 羽村 800600HH IMG_1762.jpg


どんどん、道を開いて行って、多摩川本流側に出入り口ができました。
開通!
これで、作業も観察もしやすくなります。
地域の方も散歩ができます。
150906 道づくり羽村 800600HH IMG_1704.jpg


保全エリアの前の多摩川では、クサシギがエサを採っていました。
150906 クサシギ羽村 800600HH IMG_1731.jpg

次回の羽村保全活動は
9月20日(日)です。
すぐ近くの土手では奥多摩支部の「タカの渡り観察会」も行われています。
ぜひご参加下さい。





posted by ペンギンの国 at 16:15| Comment(0) | 日記