2015年10月18日

秋空に、よい汗を書きました。

2015年10月18日(日)快晴

秋らしい絹の様な雲が広がる空の下、
今日の活動は、中洲に入ってカナムグラの整理をしました。

作業前には、参加のみなさんからの差し入れがたくさん並びました。
柿、アケビ、煮落花生、ゆで卵、コーヒー・・・。
ありがとうございました。

151018 差し入れ IMG_8696.jpg

カナムグラの実です。種が落ちる前になるべくたくさん取り除きます。

151018 カナムグラの実 IMG_8715.jpg

作業風景です。

151018 作業風景 IMG_8703.jpg

相談しながら、作業を進めます。

151018 作業風景 IMG_8707.jpg

在来種のセンダングサです。これは刈り取ってはいけません。
外来種のコセンダングサ、アメリカセンダングサと見分けるのが大変です。

151018 センダングサ IMG_8699.jpg

コオロギを見つけました。種類は調べ中です。

151018 コオロギ IMG_8695.jpg


鎌を研いでいます。
作業が終わったら、道具の片づけです。
151018 鎌研ぎ IMG_8719.jpg

今日はさわやかな秋空の下の活動でした。
保全エリアには野鳥観察の方も来てくださいました。
ジョウビタキの渡来を期待していましたが、まだ旅の途中の様です。

次回の羽村保全活動は
11月1日(日)です。
作業、野鳥観察とても楽しいです。
どなたでも、どうぞ気軽にご参加ください。
posted by ペンギンの国 at 18:32| Comment(0) | 日記

2015年10月04日

渡り,立ち寄る鳥

2015年10月4日(日)天高く晴

今日は秋空の下の保全活動日でした。
近くでタカ渡り観察会も行われています。
今日は作業ではなく、鳥の観察や
保全活動についての話し合いをしました。
(それでも、ヨシに絡まるツル植物が気になり、
 抜き取りました。)

土手上から見た保全エリアです。
緑の葉の中に、色の変わった木があります。
オニグルミは早く色づきます。土手の除草は国交省の仕事です。
151004 羽村エリア 土手から 800600HH IMG_6149.jpg

エゾビタキです。
保全エリアにたくさんある、ミズキの実がお気に入りです。
151004 エゾビタキ 羽村 800600HH IMG_6134.jpg

多摩川本流沿いには、ノビタキも来ています。
高い所に出てはフライングキャッチを繰り返していました。
151004 ノビタキ 羽村 800600HH IMG_6184.jpg

コゲラは保全エリアの住人です。
渡り鳥と共に飛びまわっていました。
151004 コゲラ 羽村 800600HH IMG_6148.jpg

次回の保全活動は10月18日(日)です。
その時はどんな鳥に出会えるか楽しみです。
また、今日のように秋晴れの日がいいのですが…。
ご参加をお待ちしています。



posted by ペンギンの国 at 20:31| Comment(0) | 日記